保護者の皆様へ

通信制高校への入学は
決して後ろ向きなものではありません

小・中学校の不登校生は12万人。高校中退者は8万人。 長期間にわたって自宅や自室に閉じこもる「ひきこもり」や、働かず学校教育も受けない「ニート」と呼ばれる若者たちが社会的な問題となる一方、LD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)によって学校での授業につまずく子どもたちの問題も指摘されています。 このことは、中学校から全日制高校、そして大学へという一般的な学校教育の流れに乗ることができずに、さまざまな悩みや葛藤を抱える多くの子どもたちがいることを端的に物語っています。 そして、こうした現状の中で、不登校、ひきこもり、いじめなどの問題を抱える子どもたちの学びの場として、通信制高校が注目されるようになってきました。
「いじめ」に象徴される学校での友達関係、親子の関係……不登校の要因はさまざまですが、特定の子どもに起こる特有のことではなく、どの子どもにも起こりうる問題として捉える見方が一般的になっています。 学校へ行きたくない(行けない)という子どもにストレスをかけないように、そっとしておいた方がよいのか。 それとも、気持ちが前向きな方向に変わるように、積極的に働きかけた方がよいのか。 お子様への対応に苦慮されている保護者の皆様、高卒資格サポートセンターにぜひご相談ください。

DREAM 高卒資格サポートセンターが
夢の実現に向けてサポートします

大人だって挫折したり長続きしない時もある。だからこそ通学できる学びの場が必要です。

身近な場所だから3年間続けられる

通信制高校に入学し、自宅だけで淡々と単位取得のためのレポート作成を繰り返すだけでは長続きしません。子供は社会との関わりの中で成長します。夢や希望という目的意識を持つ事が未来への大きな原動力となります。

集団授業じゃないから続けられる。個人のペースで週1日から4日の通学で無理なく卒業。

初めから頑張る必要はありません

通信制高校には、中学の時に不登校だった生徒や、希望する高校へ入学できなかった生徒、全日制高校から転入学してきた生徒、高校中退後、働きながら通信制高校に通学する20代の生徒など様々です。学習センターでは、それぞれの生徒の状況に合わせてカリキュラムのスケジュールを組み立てます。初めから無理に頑張る必要はありません。

勉強が苦手、学力不振でも大丈夫。
卒業までしっかりサポート!

一から勉強をやり直したい。そんな声に応えます。

たとえば、中学校で不登校だった生徒でも、通信制高校の学習だけではなく、学習センターで中学の基礎学力から学ぶ事も可能です。学習センターのほとんどは、学習塾を併設しており復習や進学に向けたカリキュラムも選択ができます。

通信制高校でも
就学支援金制度を活用できます。

制度の活用で学費を抑えながら通学できます。

高卒資格サポートセンターの教育連携高校4校は、「高等学校等就学支援金制度」の対象校です。制度の活用により家庭の教育費負担を軽減できます。

ここは夢をかなえる自由な学びの場

電話でのお問い合わせ・ご相談はこちら 受付時間:10時~19時(土・日・祝日除く)

0120-834-259